客層と目的の違い|古書店と古本屋を上手に使い分けて家にある本を買い取ってもらおう

客層と目的の違い

メガネがのっている古書

今の時代は古本や古書の買い取り屋さんといったら、大手の買い取り屋です。

しかし大手の買い取り屋はあまり個性がないんです。
私は仕事で出張が多いのです、横浜店、大阪店、名古屋店と多く大手チェーンにいったことがありますが、どこも同じような店内で、同じような本しかありませんでした。

ベストセラーを読んだ人が高価買い取りのために早く売って、そしてベストセラーを読みたい人が少しでも安く買いたい人が立ち寄る。
大手チェーンの仕組みはそうだと思います。

しかし街の古書屋さんは違います。
古書屋さんに本を売る人は次に読むひとも本愛好家だからぜひこの古書を楽しんでください!という思いを込めて売りに出します。
私は本愛好家なので、とても素晴らしい本で、他の本愛好家に読んでほしいと思うものは、必ず街の古書屋さんに買い取ってもらいます。

大手チェーンに来るお客さんは本愛好家が少ないからです。目的の本を少しでも安く買いたい。という客層です。

だから私は大事な本は街の古書屋さんに買い取ってもらって週刊誌や雑誌など旬の物は、大手チェーンに買い取ってもらうという使い訳をしています。

また古書を買うのは私はだいたい街の古書屋さんですね。

入ったときの古書の匂いに癒やされて、タイトルを一通り眺めてチェックします。
だいたい月一くらいにチェックしますが、狭い店内の中に本が入れ替わったりしていると、何か良い本はないかなあとわくわくします。